• TOP
  • 会社概要
  • 機内への持ち込みが制限される物品について

COMPANY

会社概要

会社概要イメージ

機内への持ち込みが制限される物品について

  1. ハイジャック・テロ等に凶器として使用されるおそれのあるもの
  2. 工具、スポーツ用品、武具等の中で凶器となり得るもの
  3. 各制限品の模擬品・類似品
  4. 高圧ガス
  5. 引火性液体
  6. 火薬類
  7. 酸化性物質(小型酸素発生器、漂白剤)
  8. 可燃性物質(徳用マッチ、炭)
  9. 毒物類(殺虫剤、農薬)
  10. 放射性物質
  11. 腐食性物質(バッテリー、水銀)
機内へのお持ち込みができるライター(下記のライターいずれか1個のみ)
  • ・ 使い捨てライター、ガス注入式ライター
  • ・ 吸収剤入りオイル式ライター
お持ち込み・お預かりができないライター
  • ・ オイルタンク式ライター、葉巻用ライター、プリミキシングライター(ターボライター、ジェットライター、ブルーフレームライター等)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。
  • ・ ライター用燃料(ガス・オイル)は、機内へのお持ち込みもお預かりもできません。

※ その他詳細を以下でご確認ください。

※ サムスン電子社製 ギャラクシーノート7
サムスン電子社製 ギャラクシーノート7に内蔵されているリチウムイオン電池が、発火する事象が発生しているため、当該製品の航空機での輸送は禁止とさせていただいております。
当該製品をお持ちのお客様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、航空機の安全運航にご理解・ご協力くださいますよう、お願いいたします。